提携:ISIDなど、連結会計ソフトと開示書類作成システムを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ISIDなど、連結会計ソフトと開示書類作成システムを連携


掲載日:2008/06/17


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、四半期報告書作成業務の迅速化を支援するため、同社の連結会計パッケージソフトウェア「STRAVIS」と、宝印刷株式会社/株式会社プロネクサスの開示書類作成システム「X-Editor」/「EDITS」を連携したと、発表した。

 今回の連携により、「STRAVIS」での計算結果をデータ変換モジュール「STRAVIS-BRIDGE」を用いて直接「X-Editor」や「EDITS」に取り込むことが可能となる。これにより、「STRAVIS」で作成した連結決算情報を「X-Editor」/「EDITS」を経由して、金融庁の新“EDINET”(有価証券報告書などの開示書類に関する電子開示システム)へ“XBRL”(Extensible Business Reporting Language)形式で報告することができる。同様に東京証券取引所の“TDnet”(適時開示情報伝達システム)への報告も可能となる。なお価格は、「STRAVIS」が600万円から、「STRAVIS-BRIDGE」が35万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「STRAVIS」:600万円〜/「STRAVIS-BRIDGE」:35万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

見積共有管理 for WEB 【ソフトバンク コマース&サービス】 出張手配サービス J'sNAVI Jr. 【JTBビジネストラベルソリューションズ】 継続請求管理ロボット「経理のミカタ」 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
Webブラウザで見積書の作成・承認・印刷、そして、会社の見積書共有まで実現し、営業活動の効率化と顧客対応スピードの向上を図る見積書作成システム。 各企業が利用中のワークフローとシームレスに連携し、出張のチケット手配などを最適化・効率化できるクラウド型サービス。コーポレートカード利用明細データの連携も可能。 SFA/CRMと会計をつなぎ、請求・集金業務を管理・統合・自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022606


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ