提携:NEC、統合管理ソフトの仮想化環境可視化や障害分析を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:NEC、統合管理ソフトの仮想化環境可視化や障害分析を強化


掲載日:2008/06/16


News

 日本電気株式会社は、システム全体を業務視点で簡素に統合管理し、ナレッジによる判断支援で自律運用を可能とする統合管理ソフトウェアの新バージョン「WebSAM MCOperations V3.3」を、6月16日より順次出荷する。

 今回の新バージョンでは、仮想化システムの構成をリアルタイムで可視化する機能や、複数のアプリケーションからの障害情報を自動的に分析して障害の根本原因を検出する機能が強化された。仮想化環境の可視化/自律運用では、同社のプラットフォーム管理ソフトウェア「WebSAM SigmaSystemCenter」と連携し、ハードウェアの負荷に応じて業務システムを最適配置するとともに、仮想化システムを物理/仮想/論理の各階層で管理し、動的に変化する各層の関係を自動的に関連付けて可視化することができる。

 また、あらかじめ設定されたシナリオに従い、サーバ/ネットワーク/ストレージからOS/DB/業務アプリケーションまでを含めた環境でのリソース最適配置作業を自動化することで、人手によるミスを低減し、管理作業を効率化することができる。これらにより、管理負荷を低減しながらリソースを有効活用することが可能となり、サーバ集約による消費電力の削減など、省電力化を支援することができる。

 障害原因の自動分析では、EMCジャパン株式会社のリソース管理製品「Smarts」と連携し、様々な障害情報から根本原因を自動的に特定することができる。今回、EMCとの共同開発により「Smarts」の分析エンジンにNECの分析ナレッジを組み合わせ、Webサーバ/DBサーバ/アプリケーションサーバのどこに障害原因があるのかを自動的に分析して対処することを可能とした。これにより、システムの構成変更にともなう監視の再設定なども自動的に行なう自律運用を可能とし、煩雑な作業を不要としている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022590


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ