JMF、レンタルサーバで共有利用できるグループウェアを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JMF、レンタルサーバで共有利用できるグループウェアを提供


掲載日:2008/06/16


News

 株式会社JMFは、レンタルサーバサービス「使えるねっと」で、グループウェア「使えるXchange」の提供を、開始した。

 「使えるXchange」は、メール/カレンダー/アドレス帳/スケジュール管理などのビジネスツールを共有利用できるグループウェア。「使えるねっと」の共有レンタルサーバのユーザのWebメールインターフェースで、共有機能が含まれていない「Webメール版」を無償提供し、グループウェアのすべての機能を備えた有料サービスにいつでもアップグレードすることができる。有料サービスの価格は、1メールアドレスあたり月額500円からとなっている。

 仮想専用サーバのユーザは、ウイルス/迷惑メール防止機能が含まれているメールホスティングサービス「使えるメール」で、「使えるXchange」のグループウェア版を標準で利用することができる。なお「使えるXchange」は、ホスティングプロバイダ向けに設計された株式会社Saloobのグループウェアソリューション「Open-Xchangeホスティング版」をベースとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

「Office 365」導入で後悔しやすい点は? よくある失敗を防ぐ支援サービス 【アイエスエフネット】 クラウドグループウェア 「サイボウズ ガルーン」 【サイボウズ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 月額150円グループウェアの実力を徹底解説、無料サービスとの違いとは? 【リスモン・ビジネス・ポータル】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「Office 365」導入で後悔しやすい点は? よくある失敗を防ぐ支援サービス 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。 HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 無料グループウェアのサービス終了がアナウンスされ出した。コストをかけたくない企業の乗り換え先はどう選ぶべきか。月150円のサービスがさらにお得になる朗報がある。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022589


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ