提携:イーシステムの名刺管理とマイクロソフトのCRMを連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:イーシステムの名刺管理とマイクロソフトのCRMを連携


掲載日:2008/06/12


News

 イーシステム株式会社とマイクロソフト株式会社は、SaaS(Software as a Service)型CRMの分野で協業し、マイクロソフトのCRMアプリケーション「Microsoft Dynamics CRM 4.0」とイーシステムの名刺管理サービス「アルテマブルー」を連携させたサービスを、8月より提供する。価格は、オープン価格となっている。

 「アルテマブルー」は、名刺情報を迅速/正確にデジタル化し、新規顧客情報の管理を支援するサービス。今回提供されるサービスでは、「Dynamics CRM 4.0」と連携させ、月額課金型の統合CRMとして提供する。「Dynamics CRM 4.0」とのデータ連携により、名刺情報から顧客DB構築/活用までをシームレスに行なうことができるほか、Outlookとの連携による情報共有や、Excelファイルとのリアルタイム連携なども提供される。これによりユーザは、顧客情報入力が不要となり、活動情報を効率的にシステムに入力可能となる。また、属人化した名刺情報を会社/企業として共有することで、人脈や売り上げ機会を可視化でき、見込み顧客の管理/分析も可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM CRM CRM
デジタルマーケティング戦略の鍵――アジャイルで実践するための5つの要素 CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は? セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022571


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ