KCCS、Active Directory連携を強化したID管理システム新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCS、Active Directory連携を強化したID管理システム新版を提供


掲載日:2008/06/11


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、ID管理システムの新バージョン「GreenOffice Directory Version3.13」の提供を、開始した。価格は、300ユーザのライセンス料が210万円から(税込)となっている。

 「GreenOffice Directory」は、Active Directory(マイクロソフトのディレクトリサービス)の基本的な管理機能を提供するID管理システム。今回の新バージョンでは、Active Directory更新プロパティの拡張や、遠隔Active Directory更新機能の追加が行なわれた。また、Active Directory ID更新機能の拡張とOU(Organization Unit:組織単位)の活用により、ID無効化/パスワード有効期限切れなどのケースに対応することができる。Exchange Server 2007(マイクロソフトのメールサーバ)にも対応した。


出荷日・発売日 −−−
価格 300ユーザのライセンス料:210万円〜(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件 【CA Technologies】 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? 【CA Technologies】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」 【CA Technologies】 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ 【CA Technologies】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
ハイブリッド環境の特権アカウント保護をレベルアップさせる12の必須要件 IoT機器への脅威が増大、狙われやすい「特権アカウント」をどう守る? デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」 脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022545


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ