ドコモ、指で操作するインターフェースを搭載した携帯電話を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ドコモ、指で操作するインターフェースを搭載した携帯電話を発売


掲載日:2008/06/11


News

 株式会社NTTドコモグループ9社は、タッチパネルで3次元キューブメニューを回転させて操作するユーザインターフェース“TouchFLO”を搭載した“Windowsケータイ”「HT1100」を、6月12日より発売する。

 「HT1100」は、高さ107mm×幅55mm×厚さ18.2mm/重さ約128グラムの携帯電話。Windows Mobile 6 Professionalを採用し、時刻や天気、ランチャなどを表示できる待受画面“HTC Home”を搭載している。また、“TouchFLO”により、指を上下左右にスライドさせることでスタイラス(細長い棒状の機具)不要でメニューの呼び出しや切り替えなどの操作を可能としている。電話帳などへのアクセスやアプリケーションの起動も行なうことができ、ブラウザやメール画面などでは指でスクロールさせることもできる。

 Bluetoothを搭載し、無線でハンズフリー通話やデータ交換を利用することができる。スライド式テンキーを採用し、携帯電話と同様のキー操作を可能としている。また、インターネット接続やメールアカウントを自動設定する“moperaU”端末自動設定機能を搭載している。Office Mobileも搭載し、PCで作成されたWord/Excelなどのファイルを編集/保存することができる。

 データ通信サービス「FOMAハイスピード」(HSDPA)に対応し受信最大3.6Mbps(理論値)で通信できるほか、国際ローミングサービス「WORLD WING」(3G+GSM)に対応し世界160の国/地域で利用することができる。また、スマートフォン用パケット定額サービス「Biz・ホーダイ」にも対応している。


出荷日・発売日 2008年6月12日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022532


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ