日本アバイア、PHSをPBX内線端末としたFMCソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本アバイア、PHSをPBX内線端末としたFMCソリューションを提供


掲載日:2008/06/10


News

 日本アバイア株式会社は、PHSをPBX内線端末としたFMC(Fixed Mobile Convergence:固定電話と携帯電話の融合)ソリューションの提供を、開始した。

 今回提供されるソリューションは、同社のIP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」が株式会社ウィルコムの“全国モバイル内線ソリューション”「W-VPN」に対応したことで構築された。「W-VPN」では、企業内のPBXとウィルコムのPHSネットワークを専用回線で接続することで、社内の電話とウィルコムのPHS間の音声通話を定額とする。PHS2機種「WX220J-Z」/「WX321J-Z」が「W-VPN」に対応している。

 「W-VPN」をアバイアのIP-PBXと併用することで、企業はPHSをPBX内線として利用でき、オフィス内の固定電話からPHSへ、PHSからオフィス内の固定電話へ、どちらも相手の内線番号をダイヤルすることで発信することができる。PHSからオフィス内の固定電話に電話すると、発信者番号として内線番号/内線者名が表示される。また、外線から個人の内線にかかってきた電話もPHSに同時に着信させることができる。PHSに発信者の電話番号が表示されるため、電話を取る前に発信者を特定することができる。

 PHSから特番をダイヤルすることで、コールピックアップ(ピックアップグループ内の別の内線宛ての電話に応答できる機能)や不在時の転送、PHSへの着信停止設定などのPBX機能を使用することができる。これにより、部門代表宛の電話を代理応答することや、会議中はボイスメールに転送すること、休日はPHSに着信させないことなどの詳細設定が可能となる。

 これらにより、企業は、大掛かりな設備投資の追加負担が不要で、通信料を抑えながら内線番号を“完全なワンナンバー”として利用可能なFMCを構築することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】 Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。 レガシー化した電話環境を進化させるクラウドPBX活用法

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022523


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ