NECなど、混合/分波器とフィルタ内蔵の同軸ケーブルモデム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、混合/分波器とフィルタ内蔵の同軸ケーブルモデム発売


掲載日:2008/06/09


News

 日本電気株式会社とNECネッツエスアイ株式会社、ネッツエスアイ東洋株式会社は、テレビ用同軸ケーブル配線をLANとして利用できるモデム「CX」シリーズに、テレビへの影響を抑える“フィルタ”機能などを備えた「CX-D」シリーズを追加し、6月30日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「CX」シリーズは、既設のテレビ共同受信設備用の同軸ケーブル配線を利用し、最大物理速度200Mbpsのデータ通信を可能とするOFDM(直交波周波数分割多重)方式の同軸ケーブルモデム。新たにLANケーブルを敷設する場合に比べ、導入/構築を短期化し導入費用を抑えることができるほか、構築にともなう騒音や、営業/業務の中断期間を抑えることができるため、ホテル/レクリエーションセンタ/病院/寮などに適している。また、子機間通信を遮断する“O-VLAN”(Optimized VLAN)などのセキュリテイ機能や、各種LAN機能、オートコンフィグレーション機能などを備えている。

 今回発売される「CX-D」シリーズは、親機/リピータ(中継器)/子機対応の「CX-D01A」と子機専用の「CX-D10A」の2機種。混合/分波器(テレビ信号とモデム信号を同一ケーブル上に混合/分離する機能)と“フィルタ”を本体に内蔵し、テレビ用同軸端子を付加している。また、2機種とも幅105mm×奥行き40mm×高さ160mm(突起部を除く)と小型で、「CX-D01A」は壁掛け用ブラケットを利用して壁掛け設置にも対応することができる。これらにより、設置場所の自由度に優れ、容易に接続することができる。

 「CX-D01A」は、親機として最大32台の子機を接続でき、リピータとしても使用することができる。従来の「CX」シリーズの親機/リピータ「CX-T02A」と組み合わせることで、数百台までの子機を収容することもできる。また、パフォーマンス表示機能を備え、容易に伝送速度を確認することができる。

  (写真:「CX-D01A」背面)



出荷日・発売日 2008年6月30日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022508


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ