ネットワンシステムズ、米3teraの商用グリッドOSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワンシステムズ、米3teraの商用グリッドOSを発売


掲載日:2008/06/09


News

 ネットワンシステムズ株式会社は、米3teraと販売代理店契約を締結し、3teraの商用グリッドOS「AppLogic」を、発売した。

 「AppLogic」は、既存の汎用サーバにインストールし、ギガビットイーサネットで接続することで、CPU/メモリ/ストレージ/帯域のリソースプールを作成でき、サイジングやアドレス割り当て、ハードウェア、ソフトウェアなど、Webアプリケーションのための要素を柔軟に提供可能な“仮想プライベートデータセンタ”へ再構築できる商用グリッドOS。

 ファイアウォールやロードバランサ、Webサーバ、DB、ストレージなどの要素は、仮想アプライアンスとしてアイコン化され、ブラウザ上でアイコンを操作することで、各仮想アプライアンスの設置/接続、リソースの割り当てなどを実施でき、Webアプリの稼動環境をオンラインで迅速に構築することができる。また、LAMP(Linux/Apache/MySQL/PHP)などのWebアプリのシステム構成がテンプレートで提供されるほか、テンプレート内の仮想アプライアンスのカスタマイズや、ユーザ独自の仮想アプライアンスの作成、各仮想アプライアンスを組み合わせた独自のテンプレート構成を行なうことができる。

 構築したアプリのすべての要素(コード/データ/OS/ミドルウェア/DB/インフラ/ポリシーなど)はカプセル化可能で、容易にコピー/バックアップでき、リソースプールの活用により柔軟にアプリの規模を拡張/縮小することができる。また、データは「AppLogic」グリッド内でミラーリングされるためデータ喪失を回避できるほか、不測の事態にはユーザが設定したスクリプトを自動的に実行し他のサーバへの影響を遮断できるなど可用性に優れている。

 各々のアプリが使用するメモリ/CPU/帯域を正確に測定できるため、使用量に応じた課金が可能となっている。また、既存のWebアプリを動作させることもできる。これらにより、ホスティング事業者は既存のハードウェアを利用したユーティリティコンピューティングの提供が、Web2.0/SaaS(Software as a Service)事業者はコストを抑えて迅速なサービス開始が可能となる。また、エンドユーザは、接続先を意識せずにクラウドコンピューティング環境でサービスを受けることができる。なお参考価格は、8台の標準的なサーバでユーティリティプラットフォームを構築した場合の月額ライセンス費用が40万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年6月5日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】
ETL ETL
優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022504


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ