日商エレ、日本ルシーダの中小企業向け情報漏洩対策機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、日本ルシーダの中小企業向け情報漏洩対策機器を発売


掲載日:2008/06/06


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、株式会社日本ルシーダの中小規模企業向け情報漏洩対策用アプライアンス「Lucida SecurOffice」を、発売した。価格は、60万円からとなっている。

 「Lucida SecurOffice」は、ログ監視/情報持ち出し禁止/暗号化/資産管理といった機能を1台にまとめたセキュリティアプライアンス。ネットワーク内に設置し、ユーザ自身がエージェントをPCにインストールすることで、セキュリティの専門知識を備えた管理者が不在でも、情報漏洩防止対策や不正使用の抑止などを容易に、コストを抑えて実施することができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 60万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは 【日本オラクル株式会社】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCP対策を同時実現した施策とは ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022498


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ