日本HP、同社製サーバ/ストレージ向け管理ソフトウェアを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、同社製サーバ/ストレージ向け管理ソフトウェアを出荷


掲載日:2008/06/06


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、同社製サーバ/ストレージやサーバ上の仮想環境を統合管理できるソフトウェア「HP Insight Dynamics-VSE」を、6月5日より順次出荷する。価格は、「HP ProLiant」サーバ環境向けライセンスが15万円から、「HP Integrity」サーバ環境向けライセンスが10万円からとなっている。

 「HP ID-VSE」は、同社製サーバ/ストレージの標準管理ソフトウェア「HP Systems Insight Manager」(HP SIM)を拡張する製品。同社製の様々なサーバ/ストレージを統合管理できるほか、仮想化環境を前提とした柔軟なシステム配備や、システムを横断したキャパシティプランニングの支援などの機能を提供し、システム管理効率の向上と工数の削減を可能とする。

 異種プラットフォームの管理を統合された単一の画面から行なうことができ、HP-UXで稼働する「HP Integrity」サーバと、WindowsやLinuxで稼働する「HP ProLiant」サーバを同じ画面で確認/管理することもできる。また、仮想サーバも同様に管理可能となっている。仮想化環境を前提としたアーキテクチャを採用しており、仮想サーバと、それらを稼働させる物理サーバを切り離して管理し、マッピングさせることができる機能“Logical Server Manager”を備えている。ハードウェアに依存する情報を“プロファイル”として管理し、“プロファイル”を仮想サーバ/物理サーバ/ハードウェアに紐付けることで、自由なサーバ環境のプロビジョニング(システム構成/変更/移動など)を図ることができる。

 キャパシティプランニングを支援する機能としては、管理者が新規仮想サーバの立ち上げなどを検討する際に、稼働中/停止中の別に関わらず管理下のすべてのサーバから、必要なキャパシティを備えた物理サーバを5段階で評価する機能を備えている。同機能では、長期間の運用履歴情報も収集でき、精度に優れたプランニングを支援する。分析の際は、CPUやメモリの性能に加え、電源やネットワーク/ストレージの帯域の余裕度も加味され、重み付けを調整できるため、システムのポリシーに合わせた判断が可能となる。

 なお、今後発売される同社のサーバやストレージは「HP ID-VSE」の利用を前提として開発される予定で、「HP ID-VSE」自身についても、現在「HP SIM」や各プラットフォーム用に提供されている様々な管理機能が統合される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022494


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ