リコー、同社の複合機とNotes/Dominoを連携させるソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、同社の複合機とNotes/Dominoを連携させるソフトを発売


掲載日:2008/06/05


News

 株式会社リコーは、デジタル複合機「imagio MP C4500it/MP C3500it」と、日本アイ・ビー・エム株式会社のグループウェア「Lotus Notes/Domino」を連携させるソフトウェア「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it」を、発売した。価格は、17万8000円となっている。

 「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino タイプMP-it」では、同社の複合機を「Domino」のクライアントとして活用できるため、複合機の操作パネルでユーザ認証を行ない、スキャンした紙文書をPCを介さずに直接「Domino」のDBに登録することができる。複合機から直接、電子承認依頼を行なうこともでき、紙/電子のワークフローを統合することができる。

 「MP C4500it/MP C3500it」の“it機能”と連携することで、DB登録や電子承認依頼の際、ファイル形式や登録先/承認フローの指定など各種設定条件をQRコードに埋め込んだ“QRカバーシート”を作成しておき、原稿の先頭に重ねてスキャンすることで各種処理を自動で実行することができる。操作パネルからの設定が不要で、スキャニング作業を容易に標準化できるため、内部統制の強化を支援することもできる。また、帳票ごとの文書番号をQRコードで印字しておくことで、帳票をスキャンすると自動的に文書番号とスキャンしたイメージデータをDBに登録することができる。

 両複合機で受信したFAX文書を「Domino」のDBに直接登録でき、ペーパーレス化を図ることができる。受信回線や発信元情報で自動振り分けを行ない、発信元情報や受信したFAXのイメージデータを指定したDBに登録することができる。受信したFAX文書は「Domino」のDBにサムネイル形式で表示でき、自動的にOCR(文字認識)処理させることで全文検索の対象にすることもできる。また、「Domino」にログインする際にICカードを用いて個人認証を行なうことができ、「Domino」の認証機能によりDBへのアクセス権限をそのまま利用できるため、セキュリティを確保することができる。


出荷日・発売日 2008年6月5日 発売
価格 17万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022471


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ