EPSON、A3カラー対応複合機の新製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、A3カラー対応複合機の新製品を発売


掲載日:2008/06/04


News

 エプソン販売株式会社は、A3カラー対応“オフィリオ”複合機の新製品「LP-M6000」シリーズ/「LP-M7500」シリーズを、6月下旬より順次発売する。

 「LP-M6000」シリーズは、プリンタ/コピー/スキャナなどの機能を集約し、毎分カラー24枚/モノクロ30枚(A4ヨコ)の印刷速度と最大2150枚の給紙容量を提供するスタンダードモデル。オフィスの各部門やワークグループごとに分散配置でき、分散配置された複数の複合機は、オプションの印刷管理ソフトウェアを導入することで、ネットワーク上で集中管理することができる。また、オートドキュメントフィーダを標準装備した「LP-M6000A」シリーズと、PC-FAXやスーパーG3対応のA3 FAXを装備した「LP-M6000F」シリーズも用意されている。

 セキュリティ機能では、オプションソフトウェアの“認証プロキシVer1.5”と組み合わせることで、複合機を利用する際のユーザ認証機能を利用することができる。透かし印刷やパスワード印刷、個人認証印刷(オプション)などの印刷セキュリティ機能と併用することで、ニーズ/セキュリティポリシーにあわせた対応が可能となる。スキャン機能では、スキャンしたドキュメントを直接ファイル保管/メール送信できるほか、オプションの“拡張PDFキット”との組み合わせにより、高圧縮PDFや暗号化PDFとして保存することができる。

 「LP-M7500」シリーズは、毎分カラー/モノクロ26枚(A4ヨコ)の印刷速度と、優れた画質を提供するA3フルサイズ対応カラーページプリンタ「LP-S7500」シリーズをベースに、高速スキャナと専用コピーユニット「CS-9200」を組み合わせた製品。エントリーモデルの「LP-M7500FS」と高速コピー/高速スキャンモデルの「LP-M7500FH」、PostScript対応の「LP-M7500PS」の3モデルが用意されている。操作性に優れた大型タッチパネルを装備し、プラグイン機能により特定スキャニング業務がある部門向けにカスタマイズも可能となっている。ページ記述言語“ESC/Page”対応や、PostScript対応(「LP-M7500PS」)により、システムへの組み込み用途にも使用することができる。また、透かし印刷やパスワード印刷、個人認証印刷(オプション)など印刷セキュリティ機能にも対応可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022462


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ