NECなど、IP電話や無線LANなどを導入できるサーバなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、IP電話や無線LANなどを導入できるサーバなどを出荷


掲載日:2008/06/03


News

 日本電気株式会社とNECインフロンティア株式会社は、IP電話や無線LANなどでブロードバンドオフィスを支援するコミュニケーションサーバとして、小容量の「UNIVERGE SV8300」を、出荷した。中大容量の「UNIVERGE SV8500」も、6月30日より出荷する。価格は、「SV8300」が50万円から、「SV8500」が500万円からとなっている。

 「SV8300」は、1ユニット構成でフルIP化を可能とし、IP電話やインスタントメッセージなど“ユニファイド・コミュニケーション”の基本機能を導入できるコミュニケーションサーバ。最大1536内線(6月30日出荷分から。それ以前は最大288内線)を収容することができる。また、LANカードなど基本8機能を1枚のCPUに集約して省スペース化したほか、消費電力も従来製品比最大37%低減し、特定有害物質の使用を制限する“RoHS指令”に準拠している。

 ルータやボイスメールサーバなど付帯装置をカード化しており、「SV8300」に差し込むことで“ユニファイド・コミュニケーション”の基本機能を導入することができる。初期工事の局データ設置を容易に行なえるツールも標準装備しており、フルIPテレフォニーシステムの場合、構築期間を最大半分に短縮することができる。

 「SV8500」は、最大12万内線を収容できるコミュニケーションサーバ。1台でサーバ2重化システムを構築でき、省スペース化を可能とする。冗長機能や長時間停電対応も実装し、可用性/信頼性に優れている。また、既存設備を活用しながら段階的にIPに移行するなど、ユーザニーズに合わせて柔軟な回線構成で提供でき、導入企業の計画に合わせて段階的にIP化することができる。

 テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」やコミュニケーションサーバ「UNIVERGE APEX7600i」を導入済みの場合、電話機や回線パッケージ、各種ソフトウェアを流用して移行できるため、既存設備の廃棄を抑え、環境への配慮と導入費用の削減を支援する。また、内線電話の一括設定やDB連携、周辺システムのトラフィック収集、アラーム出力を行う統合運用管理サーバ「UNIVERGE MA4000」も、2008年度下期より出荷される。価格は、100万円からとなっている。同製品を活用することで、3000回線規模のIPテレフォニーシステムで運用コストを約10%削減することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022447


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ