ジャスミンソフト、ERP自動生成開発ツールの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャスミンソフト、ERP自動生成開発ツールの新版を出荷


掲載日:2008/06/02


News

 株式会社ジャスミンソフトは、WebベースのオーダーメイドERPシステムを自動生成する開発ツールの新版「Wagby R6.0」を、出荷した。

 「Wagby」は、Excelファイルフォーマットで記述された設計書を読み込み、その定義に従って起動可能なWebアプリケーションを自動生成するツール。下流工程と呼ばれる製造/テスト工程を削減できるほか、設計書の変更により、何度でも作り直すことができる。また、WebベースのERPシステム向けの画面機能を標準装備し、データの基本管理機能(新規登録/更新/削除/検索/一覧表示/詳細表示)に加え、一覧更新やウィザード登録、カレンダビュー、集計ビュー、マップビューといった様々な入出力機能を利用可能となっている。

 自動生成されるソースコードは、セキュリティホールが抑えられている。また、認証/認可処理や、グループ権限管理を標準で備え、すべてのアクセス記録をログに保存することができる。CSV(データをカンマで区切って並べたファイル形式)でのダウンロードや、CSVアップロード一括更新、XMLインポート/エクスポート、Excel帳票、メール送受信機能により外部システムとのデータのやりとりが可能で、外部システムとの連携や、様々なカスタマイズ要件にも対応可能となっている。

 今回の新版では、オープンソースのAjaxライブラリ「Dojo」を採用し、操作性に優れた業務アプリケーション画面を完全自動生成可能となった。また、設計書の情報を元に、従来方式で開発した場合の工数と製造コストを“ファンクションポイント法”(システムの規模を数値化することで見積を行なう手法)を使って見積りする機能が用意されている。自動生成に要するビルド時間も短縮されている。


出荷日・発売日 2008年5月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

BPM/ワークフロー統合ツール「IM-BIS」 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 ビジネスとITの橋渡しをする Mendix App Platform 【ビルドシステム】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 超高速開発ツール「Web Performer」 【サンテック】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
業務フロー、業務画面、外部サービスを統合的に開発・管理・機能強化する基盤。各種情報を一元管理でき、業務効率の向上と開発生産性の向上を同時に可能とする統合ツール。 デジタルイノベーションをビジネスに取り込み、アイデアを素早く形にするには、開発・運用体制が肝になる。アジャイル化、内製化を推し進めるプラットフォームとは。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 ノンプログラミングでWebアプリケーションを自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツール。Javaの知識不要で、基本設計情報を定義するだけでシステムを開発できる。 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022430


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ