PCC、薄い紙から厚い紙まで読み取れるカラースキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCC、薄い紙から厚い紙まで読み取れるカラースキャナを発売


掲載日:2008/06/02


News

 パナソニックコミュニケーションズ株式会社は、紙重量20〜209g/平方メートルの薄手から厚手の紙までを読み取ることができる自動給紙方式の業務用カラースキャナ2機種「KV-S4085CWN」/「KV-S4065CWN」を、6月13日より発売する。

 「KV-S4085CWN」は、A4タテ/300dpiでカラー/モノクロとも毎分片面80枚/両面160ページ、「KV-S4065CWN」は毎分片面60枚/両面120ページの読み取りが可能なカラースキャナ。両製品とも、原稿台に載せた原稿の状態により、原稿に対する給紙ローラーの圧力を自動的に適正圧に調整することで、より確実に様々な種類の紙原稿を読み取ることができる。これにより、ノンカーボンタイプの複写伝票のような薄い紙から厚い紙まで安定して読み取ることができるほか、表面がツルツルした紙やざらついた紙が混在していてもスムーズに読み取ることができる。

 誤ってステープルで綴じた原稿が混在していた場合でも、給紙口付近に搭載したセンサにより、給紙の際の跳ね上げなどの異常な動きを検知し、給紙を自動的に停止する機能を搭載している。また、原稿の排出方向として前面(カーブパス)と背面(ストレートパス)を選択できる“カーブパス/ストレートパス切り替え機構”を搭載し、長い原稿や厚めの原稿をスムーズに読み取ることができる。更に、長い原稿を読み取り可能な“ロングペーパー読み取りモード”も搭載している。「KV-S4085CWN」は、超音波方式の重送検知センサを3ヵ所に搭載し、より確実に原稿の重なりを検知することができる。なお価格は、「KV-S4085CWN」が158万円、「KV-S4065CWN」が108万円となっている。


出荷日・発売日 2008年6月13日 発売
価格 「KV-S4085CWN」:158万円/「KV-S4065CWN」:108万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022416


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ