日本HP、中小向けにSAN環境構築を支援するFCスイッチなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、中小向けにSAN環境構築を支援するFCスイッチなどを出荷


掲載日:2008/05/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、中小規模向けにコストを抑えてSAN環境を構築できるFC(ファイバチャネル)スイッチ「HP StorageWorks 8/20q FC スイッチ」と、エントリクラスのディスクアレイ「HP StorageWorks Modular Smart Array 2000」(MSA2000)用のデータ複製ライセンスを、6月下旬より出荷する。

 「8/20q FC スイッチ」は、1u(44.45mm)ラックマウントサイズで20個のポートを搭載したFCスイッチ。通信速度8GbpsのFCに対応している。単体製品に加え、サーバと接続するためのHBA(ホストバスアダプタ)やケーブル類をバンドルした「8/20q SAN バンドルキット」も用意されている。同キットは、従来のエントリFCスイッチを使用した同等構成に比べ約32%のコスト低減を図ることができる。管理ソフトウェアも標準添付されており、ウィザードベースで容易にセットアップすることができる。

 「MSA2000」用のデータ複製ライセンスでは、「MSA2000」のスナップショット機能/ボリュームコピー機能を有効にするためのライセンス製品「MSA2000 Snapshot使用権」/「MSA2000 Volume Copy使用権」が出荷される。これらの機能は、特定の時刻におけるストレージ上のデータを別の領域に保持しておくことで、ディスク障害やデータの整合性が失われた際の復旧を可能とする。これらの機能を「MSA2000」の管理ツール“Storage Management Utility”から設定でき、複数の管理ツールに習熟することが不要なため、SANストレージ管理未経験の管理者でも容易に運用することがで


出荷日・発売日 2008年6月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022405


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ