提携:地理情報サービス「GeOAP」とEAI「Magic jBOLT」が連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:地理情報サービス「GeOAP」とEAI「Magic jBOLT」が連携


掲載日:2008/05/29


News

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社と東京ガス・エンジニアリング株式会社は技術協力し、東京ガス・エンジニアリングのSaaS(Software as a Service)型地理情報サービス「GeOAP」を利用することで、インターネットを介して必要な時に必要な地図/地理情報を呼び出して低価格で利用可能としたと、発表した。

 マジックソフトウェア・ジャパンのEAI製品「Magic jBOLT」では、各システムへのインターフェースを提供する“アダプター”や、システムごとのデータ形式やプロトコルの違いを吸収する“フォーマット変換”、あるシステムから受け取ったデータを内容に応じて他のシステムに振り分ける“ルーティング”、これらの機能を組み合わせて実際の業務に合わせたビジネスプロセスを構築する“ワークフロー(プロセス制御)”などの機能とログモニタリング機能が提供されている。

 様々な業務アプリケーションから「GeOAP」の地図情報を利用する場合、「Magic jBOLT」が標準で備えるWebサービスアダプタと両社の技術協力で作成したテンプレートを利用することで、Webサービスのデータ連携のメカニズムに詳しくない技術者でも迅速に連携ソリューションを構築することが可能となる。また、「jBOLT」が提供するNotes/DominoアダプタやSAP ERPアダプタ、Salesforce.comアダプタなど50種300機能以上のアダプタにより、様々な業務システムと「GeOAP」の地理情報を容易に連携させることができる。今回の技術協力の成果となるテンプレートや技術情報などは、共同セミナーやドキュメントなど様々な方法で公表していく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022386


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > GPS > GPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ