EPSON、ADF搭載でワークフローを効率化するスキャナを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、ADF搭載でワークフローを効率化するスキャナを発売


掲載日:2008/05/28


News

 エプソン販売株式会社は、ADF(オートドキュメントフィーダ)標準搭載で多量のドキュメントスキャンの高速化が可能なスキャナ「GT-D1000」を、6月5日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「GT-D1000」は、ADF標準搭載により毎分フルカラー12枚/モノクロ18枚(A4タテ、200dpi)を読み取れるスキャナ。フラットベッド方式採用により様々な用紙種類/用紙サイズに対応し、A4の紙資料に加え雑誌/新聞/免許証なども、原稿台に乗せることで読み取ることができる。光源には白色LED(発光ダイオード)を採用し、本体電源オン後1秒以内で光量が確保され、スキャンを開始することができる。

 “文字くっきり機能”により、小さく薄い文字や濃い背景色の中にある文字などの視認性を向上させることができる。赤/青/緑の3色の中から指定した色を削除してスキャンする“ドロップアウト機能”を使用することで、欄外に書き込んだ赤字の注釈や帳票/伝票などの色つき罫線をスキャン対象外にでき、逆に赤/青/緑の中から指定した色を強調する“色強調機能”では、薄く捺印された印影もしっかりとスキャンすることができる(いずれもモノクロ/8ビットグレースキャン時のみ有効)。更に“手動両面スキャン機能”を搭載し、両面文書のスキャン時には、表面/裏面をそれぞれ読み取ったあとに、“自動ページ差し替え機能”により容易に正しい順序に並び替えて保存することができる。

 本体正面には、ボタン操作でスキャンができる4つのナビボタン(スキャン/コピー/メール/PDF)とキャンセルボタンを装備し、複数ページのPDF保存もナビボタンの操作のみで容易に行なうことができる。更にユーティリティソフト「Epson Event Manager」によりナビボタンをカスタマイズでき、原稿種類/読み取り解像度/保存ファイル形式などのよく利用する設定を登録することができる。

 全ページが1ファイルに保存されたPDFを指定したページ数に保存できる“PDF分割指定”や、PDF閲覧と編集許可/印刷許可それぞれにパスワードを設定できる“暗号化PDF設定”を装備している。同梱の文書ファイリングソフト「Presto! PageManager8 Standard」により、スキャンしたドキュメントをディスク上で保管することや、迅速に見つけ出せるように手軽に整理することができる。これらにより、オフィスのワークフローを効率化することができる。


出荷日・発売日 2008年6月5日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022377


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ