OLIVE、ICカードを利用した店舗向けポイント管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OLIVE、ICカードを利用した店舗向けポイント管理システムを発売


掲載日:2008/05/27


News

 オリーブ情報処理サービス株式会社は、ICカードを利用し、自店舗のみのポイント管理が可能なシステム「IC来店ポイント」を、6月1日より発売する。

 「IC来店ポイント」は、Suica/PASMO/Edyなど、FeliCaチップ内蔵のICカードで運用できるポイント管理システム。専用カード発行が不要で導入/運用コストを抑えることができ、各店舗にはPC端末とカードリーダ(ソニー株式会社製「PaSoRi」)があれば直ちに運用開始することができる。来店者は会員カード発行手続きが不要で、使用中のICカードをリーダにかざすことでポイントを加算することができる。

 1日1回、来店でポイントを加算できるほか、来店特典や購入特典に応じてポイントの加算/減算を店舗側で自由に設定することもできる。また、来店回数10回/100回でファンファーレを鳴らすことができるほか、スロットゲーム機能も備え、3つの数字が揃うとボーナスポイントを加算することができる。

 来店ポイント履歴を保存でき、Excelなどで確認することができる。ICカード番号(IDM)の情報のみ管理するため、個人情報の漏洩を防ぐことができる。また、チェーン店など複数店舗にも対応し、来店データをレンタルサーバなどで管理でき、他店舗でのポイント加算分をサーバ上で合算することができる。サーバ運用は月額ASP方式で提供される。


出荷日・発売日 2008年6月1日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 ユーザID所有者見える化ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
デジタルアイデンティティ管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。 巧妙化する標的型攻撃への対策は、侵入を前提とした「多層防御」が鍵となる 管理者権限の不正利用を防ぎ、リスク要因を減らす機能の導入方法とは? さまざまな情報ソースから「人」と「ID」の情報を収集し、膨大に存在するIDの所有者を明確化・可視化するための統合ID管理ソリューション。 会社内部から高度なサイバー攻撃が行われた場合、防ぐ手だてはあるのか?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022359


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ