オートデスクとラティス、3次元設計ソフトのXVLコンバータを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスクとラティス、3次元設計ソフトのXVLコンバータを出荷


掲載日:2008/05/27


News

 オートデスク株式会社とラティス・テクノロジー株式会社は、ラティスのコンバータ「XVL Convertor Plug-in for Inventor」がオートデスクの製造業向け3次元設計ソフトウェアの新版「Autodesk Inventor 2009」に対応したと発表し、6月30日よりラティスが出荷する。価格は、20万円となっている。

 「XVL Convertor Plug-in for Inventor」は、「Autodesk Inventor」シリーズの新版で作成したファイルを、同シリーズのメニューから直感的な操作で手軽にXVL形式(精度に優れた3次元データを元データの約100分の1に軽量化可能なファイル形式)のファイルに変換可能なコンバータ。これにより、設計部門に蓄積された3次元のCADデータをもとに、設計部門以外での設計データ検証や、営業部門のプレゼンテーション、カスタマーサービス部門で活用される3D画像入りの保守マニュアル作成など、様々な業務での3次元データの活用を可能とする。

 「Inventor」の複数のデータを一括してXVL形式に変換するためのコンバータ「XVL Converter Light for Inventor」も、2008年夏よりラティスが出荷する。これにより、「Inventor」を利用しない夜間などの時間帯に変換作業をバッチ処理可能となり、XVLファイルの生成を効率化することができる。


出荷日・発売日 2008年6月30日 出荷
価格 20万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022351


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ