セーバー、携帯動画ファイルの自動変換サーバソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セーバー、携帯動画ファイルの自動変換サーバソフトの新版を出荷


掲載日:2008/05/23


News

 セーバー株式会社は、携帯電話向け動画ファイルの自動変換サーバソフトウェアの新版「Saver Movie Suite 2.0」を、出荷した。インストールするハードウェア単位のソフトウェアライセンスとして提供され、価格はライセンスが180万円、年間保守価格が36万円となっている。

 「Saver Movie Suite 2.0」は、携帯電話向けの動画配信や動画共有サービス、ブログ/SNS(Social Networking Site)の動画対応、動画広告など、動画ファイルフォーマット変換が必要なサービスで利用できるソフトウェア。携帯電話で撮影された動画ファイルやPCで再生可能な動画ファイルをDoCoMo/au/SoftBankの動画対応端末で再生できるファイルに一括変換できるほか、画面サイズやビットレートなども各キャリアや機種仕様にあわせて出力することができる。

 一般的な携帯動画向けの変換パラメータがプレインストールされており、管理画面から選択することで変換パラメータを設定できるほか、オリジナルの変換パラメータを作成/登録することもできる。変換元動画ファイルを投入する監視フォルダを登録してフォルダごとに変換パラメータを設定し、監視フォルダに動画ファイルを投入すると変換処理が実行される。XML/TSV(タブ区切り)形式の変換指示ファイルにより、変換パラメータや変換元動画ファイルを指定して変換処理を実行することもできる。

 今回の新版では、変換処理が従来比2〜3倍に高速化されたほか、VGA(640×480ドット)やフレームレート30fps(Frame Per Second)の指定など、最新スペックにあわせた動画の生成も可能となった。携帯動画のファイル容量を超える動画ファイルを変換する場合には、従来の“ファイルサイズ指定分割”/“秒数指定分割”に加え、新たに“時間指定”/“ファイル数”により、動画ファイルを複数に分割して出力することができる。また、URL埋め込みを可能とする“Timed Text”の設定に対応し、動画再生後にWebサイトを表示させるといったことができる。出力ファイル形式としてDoCoMoの“10MBiモーション”にも対応した。


出荷日・発売日 2008年5月21日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022316


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ