オートデスク、設計の効率化が可能なCGソフトウェアなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オートデスク、設計の効率化が可能なCGソフトウェアなどを出荷


掲載日:2008/05/22


News

 オートデスク株式会社は、3次元の設計環境でビジュアルによるコミュニケーションを強化するための3次元モデリング/アニメーション制作ツール「Autodesk 3ds Max Design 2009」を、6月4日より出荷する。

 「Autodesk 3ds Max Design 2009」は、建築業/製造業などの設計者向けのCGツール。CGソフトウェア「Autodesk 3ds Max」をベースに開発され、設計用CADとの互換性/操作性を拡張している。3次元設計用ソフトウェア「Autodesk Revit 2009」の“FBX”ファイルに対応し、「Autodesk Revit 2009」で作成した質感設定や、カメラ/ライト情報、ジオメトリの読み込みが高速化され、従来の10%程度の時間で大容量のCADデータを変換することができる。米グリーンビルディング協議会の建造物の環境配慮基準“LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)8.1”に対応した“Exposureシミュレーションテクノロジ”の採用により、太陽光や室内照明などの明るさを数値表示でき、これをシミュレーション/解析し、建物の採光を最適化することで排出エネルギーを削減することができる。

 直感的で容易な操作が可能な“ViewCube”を搭載し、スクリーン上のアイコンの面/エッジ/角を選択することで、事前に設定した方向にモデルを表示/回転させることができ、作業中にモデルの方向を確認することもできる。また、視点を移動させる“ウォークスルー”操作のためのインターフェース“SteeringWheels”も搭載されている。これらにより、コンセプトデザイン/プレゼンテーション/稟議で、完成品のリアルな画像表現を可能とする。また、広告販促用のビジュアル制作で使用することで、制作の早期化などを図ることができる。

 また同社は、ゲーム/映画のコンテンツ作成にも対応できるCGソフトウェアの新版「Autodesk 3ds Max 2009」も、6月4日より出荷する。2足歩行の人体アニメーションに適したキャラクター作成機能に加え、4足のキャラクターの動作制御“リギング”を可能としている。また、曲線に沿って彩色やテクスチャ(質感)を添加する“UVスプラインマッピングツール”や、モデルを展開してテクスチャを添加後再構築する“ペルト”など、アニメーション開発ワークフローを効率化するツールセットも搭載している。


出荷日・発売日 2008年6月4日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022308


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ