日立、本人認証後に印刷を開始する認証プリントシステムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、本人認証後に印刷を開始する認証プリントシステムを出荷


掲載日:2008/05/22


News

 株式会社日立製作所は、ICカードによる本人認証後に印刷を開始することで、不正印刷や持ち去りなど紙媒体からの情報漏洩を抑止する認証プリントシステム「Secure Print Component for Prinfina SP6000」シリーズを、5月26日より順次出荷する。

 「Secure Print Component for Prinfina SP6000」シリーズは、認証情報の読み取りなどを行なう“認証ユニット”と、利用者の本人認証や印刷データの制御などを行なうソフトウェアで構成されている。プリンタの入れ替えは不要で、“認証ユニット”と専用ソフトウェアを追加することで既存環境へ容易に導入できるほか、導入後も利用規模の拡大に応じてシステムを柔軟に拡張することができる。導入規模に応じ、部署/部門などフロア単位での導入に適した「クライアントタイプ」と、プリント業務を集中管理する形態での導入に適した「サーバタイプ」が用意されている。

 利用者が入退室管理などで使用しているICカードを認証ユニットにかざすことで本人認証が行なわれ、印刷が開始される。“ロケーションフリー印刷”により、複数のネットワーク共有プリンタがある環境では、認証ユニットを設置したプリンタにICカードをかざすことで出力可能となり、不正印刷や印刷物の持ち去りなどを抑止でき、重要書類の持ち運びによる紛失のリスクを抑えることができる。

 印刷の履歴情報を収集して管理する「プリントログマネージャ」(オプション)を導入することで、いつ、誰が、どのプリンタに、どのような設定(カラー指定や用紙サイズなど)で、どのファイルを、何枚印刷したといったログを収集することができる。印刷を管理/分析することで、無駄な印刷を減らし、紙資源やコストの削減を支援することができる。また、重要書類の情報が漏洩した場合にも、ログを追跡することで流出元を特定しやすくなる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 Entrust(R) Web認証・アクセス制御ソリューション 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 世界中1000万以上のユーザを持つ認証セキュリティ強化ソリューション。
コスト効率に優れ様々な認証を組み合わせ利用可能。
スマートフォンOS対応トークンも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022304


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ