NEC、仮想化ソフトを組み込んだブレードシステムなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、仮想化ソフトを組み込んだブレードシステムなどを出荷


掲載日:2008/05/22


News

 日本電気株式会社は、ブレードシステム「SIGMABLADE」で、VMware社の組み込み型仮想化ソフトウェア「VMware ESXi 3.5」を出荷時にあらかじめ搭載したブレードサーバと、ブレードサーバ収納ユニット「SIGMABLADE-M」に搭載可能な電源ユニットを、出荷した。

 今回出荷されたブレードサーバは、“インテル バーチャライゼーション・テクノロジー”を搭載するクアッドコアXeonプロセッサや最大48GBのメモリを搭載可能なブレードサーバ「Express5800/120Bb-d6」に、「VMware ESXi 3.5」を出荷時にあらかじめ搭載したことで、導入後直ちに仮想化環境を利用することができる。また、今回出荷された電源ユニットは、静音性に優れた100V電源ユニットを採用し、可変速制御機能を備えたことで、従来に比べ約20%の静音化(同社測定値)を達成した。日本のオフィス環境で一般的な100V電源に対応したことで、200V電源の工事不要で、ブレードサーバや無停電電源装置、ディスプレイ/キーボードなどを19インチ13u(1u=44.45mm)ラックへ収納することができる。

 また同社は、「VMware ESXi 3.5」をあらかじめ搭載した2Wayラックマウントサーバ「Express5800/120Rj-2 VMware ESXiモデル」も、5月26日より出荷する。同モデルは、クアッドコアXeonプロセッサE5420(2.50GHz)を搭載し、最大48GBのメモリを搭載することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022293


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ