日本オラクル、Web2.0技術を活用したSaaS型CRMの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、Web2.0技術を活用したSaaS型CRMの新版を提供


掲載日:2008/05/21


News

 日本オラクル株式会社は、部門内の連携や情報共有により各個人の生産性向上を支援する、SaaS(Software as a Service)型CRMアプリケーションの新版「Oracle CRM On Demand Release 15」の提供を、開始した。価格は、1ユーザあたり月額8750円となっている。

 「Oracle CRM On Demand」は、営業/マーケティング/フィールドサービス/コールセンタなど、顧客との関係構築と継続に関わる業務を支援するSaaS型CRMアプリケーション。今回の新版では、Web2.0の技術を活用することで、インターネット上のコンテンツを同アプリケーションのユーザ画面上に表示することができる。また、同アプリケーションの一部機能を切り出し、“デスクトップガジェット”(PC上のデスクトップに置く小窓形式のアプリケーション/ツール)として画面上の使いやすい位置に表示させることも可能となり、各業務/各個人に求められる情報へ容易にアクセスすることが可能となっている。

 部門内での営業活動状況や顧客状況を効率的に共有するための機能も追加/強化されている。新たに追加された“スティッキーノート”は日々の営業活動における情報をメンバー全員で共有でき、“メッセージセンター”では社員同士がリアルタイムにメッセージ交換を行なうことができる。部門長が現在の売上げ状況や、見込み、活動率を迅速に把握可能な分析機能も拡充され、事前定義されたKPI(重要業績評価指標)に対する達成度により業務を推奨する“ガイドナビゲーション機能”も追加されている。これらにより、営業活動における各個人の生産性向上と営業目標達成への取り組みを支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ユーザあたり月額:8750円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは 【日本マイクロソフト】 Microsoft Dynamics 365 【日本マイクロソフト】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 Microsoft Dynamics 365 【日立ソリューションズ】
CRM CRM CRM CRM CRM
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 顧客対応で差をつける営業現場のカイゼンとは CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は? 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるマイクロソフトのビジネスアプリケーション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022288


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ