サン、シングルサインオンソフトを日立の指静脈認証と連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、シングルサインオンソフトを日立の指静脈認証と連携


掲載日:2008/05/21


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、アクセス管理ソフトウェア「Sun Java System Access Manager 8.0」の認証に株式会社日立製作所の指静脈認証システムを利用可能とするソフトウェア「指静脈認証連携用モジュール」を、日立の協力のもと開発し、ソースコードを無償公開した。

 「Sun Java System Access Manager」は、Webアプリケーションへのアクセスにおいて、オープンスタンダードに準拠したシングルサインオンサービスを提供するソフトウェア。分散ネットワーク上の様々なシステム環境に合わせ、リバースプロキシ(サーバの代理として要求を中継する)方式とエージェント(常駐ソフト)方式の両方に対応している。アイデンティティ情報とアプリケーション情報を安全に集中管理でき、信頼性に優れた認証基盤を構築することができる。

 日立の指静脈認証技術は、指の静脈パターンを認証する技術。指に光を透過させて静脈画像を撮影する透過光方式により、形状が複雑な細かい静脈まで取得でき、直接センサ部に触れずに優れた精度で認証することができる。

 今回公開された「指静脈認証連携用モジュール」を「Access Manager」と組み合わせることで、企業内の様々な情報システムのパスワード入力を指静脈認証に代替することができる。利用者の属性情報は「Access Manager」で一元的に制御され、PCに接続された指静脈認証装置に1度指をかざすことで本人確認され、本人が許可されているWebアプリケーションのみにアクセスすることができる。同モジュールは、サンのシングルサインオンのオープンソースソフトウェア「OpenSSO」/「OpenDS」/「GlassFish」でも動作するため、企業は認証システムを必要に応じてカスタマイズし、コストを抑えて導入することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 指ハイブリッド認証 【NEC】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022283


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ