提携:ETとUBIC、不正操作/情報漏洩対策を日常/有事で一貫提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ETとUBIC、不正操作/情報漏洩対策を日常/有事で一貫提供


掲載日:2008/05/19


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社(ET)と株式会社UBICは、不正操作や情報漏洩を抑止するために、日常のITシステム操作内容の点検/監査から、有事の際の調査や説明義務/訴訟に対するコンサルティングまでを一貫して提供するソリューション「IT-Operation Risk and Damage Control」(IT-ORDC)の提供を、開始した。

 「IT-ORDC」は、ETのシステム操作証跡管理製品「ESS REC」とUBICのコンピュータフォレンジックサービスを組み合わせたソリューション。「ESS REC」は、システム運用操作画面やアプリケーション操作画面を動画で記録し、不正や誤りを追跡/分析する。動画による正確で詳細な記録を分かりやすい形で厳正に保存/再生できるほか、検索/レポート機能で監査作業を省力化することができる。また、UBICのフォレンジックサービスは、粉飾決算/不正会計/横領/知的財産侵害など様々な不正調査に対応するサービスで、端末/サーバなどに残されたデータを証拠保全し、調査/解析/報告書作成を実施する。Winnyなどによる情報漏洩に対してもフォレンジックサービスを実施している。

 今回提供される「IT-ORDC」では、「ESS REC」により、日常のシステム操作の点検/監査で不正操作や情報漏洩を抑止/防止するとともに、UBICのサービスにより、有事の際の調査や説明/報告対応を可能とする。「ESS REC」の動画像による操作内容の監視と、操作証跡レポートの分析により、不正操作と操作者を特定可能なことから、フォレンジックサービスによる証拠保全と実調査の迅速な実行が可能となる。更に、「ESS REC」の操作証跡レポートのパターン分析により、不正操作や情報漏洩の予兆を抽出することも可能となり、リスクコントロールとダメージコントロールを強化することができる。なお価格は、「ESS REC」による5端末監視構成、1HDD 250GBまでの解析/レポートで350万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 350万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】 セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃対策評価サービス (レッドチームによる評価) 【日立ソリューションズ】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。 疑似的なマルウェア攻撃で、本来攻撃が検知されるべき箇所で検知できなかったなど、現状のセキュリティ対策の抜けや漏れを洗い出し、評価および改善策を提案するサービス。 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022253


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ