NEC、クアッドコアXeon搭載/RAID6対応のNASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、クアッドコアXeon搭載/RAID6対応のNASを出荷


掲載日:2008/05/19


News

 日本電気株式会社は、既設LANへの導入が容易なNAS製品「iStorage NS」シリーズのミッドレンジモデル「NS470」を、5月26日より出荷する。価格は、72万円からとなっている。

 「NS470」は、本体サイズが2u(1u=44.45mm)と薄型のNAS製品。クアッドコアXeonプロセッサE5420(2.50GHz)を搭載し、処理性能を従来モデルに比べ約25%(同社測定値)向上させている。新RAIDコントローラ搭載により、HDDが2台まで故障してもデータ保護が可能な“RAID6”に対応し、可用性が向上している。また、3.5インチSAS(シリアルアタッチドSCSI) HDDに加え、廉価で大容量の3.5インチSATA(シリアルATA) HDDを混在でき、最大6台まで搭載することができる。大容量テープ装置を同時に内蔵することもできる。


出荷日・発売日 2008年5月26日 出荷
価格 72万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 SUBARU「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 SUBARU「アイサイト」開発の舞台裏、実験映像データの統合管理 オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? 「データ消失は120億年に1回」の秘密──オブジェクトストレージの選び方 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022252


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ