PSTC、.NETやWindowsサーバに対応した日本語活字OCR SDKを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PSTC、.NETやWindowsサーバに対応した日本語活字OCR SDKを発売


掲載日:2008/05/16


News

 パナソニックソリューションテクノロジー株式会社(PSTC)は、ソフトウェア開発者向けに、日本語活字OCR(文字認識)SDK(ソフトウェア開発キット)の新バージョン「活字認識ライブラリー 基本セット Ver.12」を、5月30日より発売する。

 「活字認識ライブラリー 基本セット Ver.12」は、既存のソフトウェアやシステムに組み込むことでOCR機能を附加できるSDK。Microsoft .NET対応アプリケーション(マネージコード)からの「活字認識ライブラリー」(ネイティブコード)の利用に正式対応している。開発環境はVisual Studio .NET 2003/Visual Studio 2005に、開発言語はVisual C#/Visual Basic .NETに対応し、Visual C#/Visual Basicのサンプルプログラムのソースコードも含まれている。

 動作環境としてWindowsサーバOS(2000 Server/2003/2003 R2)とWindows Vistaに対応した。サーバOS上で稼働するシステムで利用することで、SaaS(Software as a Service)によりOCRを活用したサービスを提供するビジネスなどが可能となる。また、低解像度画像における認識精度を向上させ、誤読率を前バージョン「Ver.11」から約30%削減した。認識モード“認識精度優先/処理速度優先”の選択も可能とし、“認識精度は妥協しても処理速度を優先したい”など用途に応じたOCR処理が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年5月30日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022243


IT・IT製品TOP > PCソフト > OCRソフト > OCRソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ