JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売


掲載日:2008/05/16


News

 株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ(JNSL)は、台湾クアンタコンピュータ製のRAIDストレージシステムを、発売する。

 今回発売されるのは、RAIDコントローラを2基備え、可用性に優れた廉価なRAIDサブシステム。最長8年間の保守が提供される。FC(ファイバチャネル)/SAS(シリアルアタッチドSCSI)ホストインターフェースを備えた2u(1u=44.45mm)/12ベイのリダンダント(冗長)RAIDサブシステム「RF」シリーズと、2u12ベイ/4u24ベイのJBOD(複数のディスクを1つに束ねる技術)システム「RS」シリーズ、2u/12ベイのiSCSI(internet SCSI)ハードウェアRAIDシステム「RI」シリーズが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 ファイルサーバのメンテが不要、スケールアウトNASの“常識破り”とは 【EMCジャパン】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
Webキャストで解説、オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? データが増えても運用の手間が増えず、ノード追加で容易に拡張できるスケールアウトNASに手頃な価格のパッケージが登場。ファイルサーバに最適な理由とは? フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022240


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ