JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売


掲載日:2008/05/16


News

 株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ(JNSL)は、台湾クアンタコンピュータ製のRAIDストレージシステムを、発売する。

 今回発売されるのは、RAIDコントローラを2基備え、可用性に優れた廉価なRAIDサブシステム。最長8年間の保守が提供される。FC(ファイバチャネル)/SAS(シリアルアタッチドSCSI)ホストインターフェースを備えた2u(1u=44.45mm)/12ベイのリダンダント(冗長)RAIDサブシステム「RF」シリーズと、2u12ベイ/4u24ベイのJBOD(複数のディスクを1つに束ねる技術)システム「RS」シリーズ、2u/12ベイのiSCSI(internet SCSI)ハードウェアRAIDシステム「RI」シリーズが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? 【日本アイ・ビー・エム】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る ハイパーコンバージドインフラの難題、DBライセンスコストの削減法は? Yahoo JAPANの挑戦に学ぶ、大容量データのバックアップ手法 SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 AIの活用はストレージの革新から始まる、そのワケは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022240


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ