JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JNSL、台湾クアンタコンピュータ製RAIDストレージシステムを発売


掲載日:2008/05/16


News

 株式会社日本ネットワークストレージラボラトリ(JNSL)は、台湾クアンタコンピュータ製のRAIDストレージシステムを、発売する。

 今回発売されるのは、RAIDコントローラを2基備え、可用性に優れた廉価なRAIDサブシステム。最長8年間の保守が提供される。FC(ファイバチャネル)/SAS(シリアルアタッチドSCSI)ホストインターフェースを備えた2u(1u=44.45mm)/12ベイのリダンダント(冗長)RAIDサブシステム「RF」シリーズと、2u12ベイ/4u24ベイのJBOD(複数のディスクを1つに束ねる技術)システム「RS」シリーズ、2u/12ベイのiSCSI(internet SCSI)ハードウェアRAIDシステム「RI」シリーズが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 「ハイパフォーマンスなストレージは高い」はもう古い 【日本ヒューレット・パッカード+他】 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 適切に管理し活用する「データレイク」とは? いま買い換えるならオールフラッシュ一択だ。しかし、運用が煩雑になるならば手を出しにくい。では、運用効率のよいハイエンド品が予算の範囲で手に入るならどうだろうか。 1日当たりのデータ転送量が50TB、Yahoo! JAPANが挑んだ桁外れのバックアップ

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022240


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ