キー・ポイント、グループメール共有システムをバージョンアップ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キー・ポイント、グループメール共有システムをバージョンアップ


掲載日:2008/05/15


News

 キー・ポイント株式会社は、ASP形式のグループメール共有システム「GrpMail」をバージョンアップし、提供を開始した。価格は、容量3GBで初期費用2万円/月額費用1万円で、25GB/200GBのプランも用意されている。

 「GrpMail」は、1つのメールアドレスを複数人で共有し、メールの情報を共有することで、2重対応や対応漏れを防ぐシステム。ブラウザから容易に利用でき、企業のサポートデスク支援システムとして活用することができる。今回のバージョンでは、メール送信時に禁止キーワードによるフィルタリングが可能となり、キーワードチェックに該当したメールは管理者が文書を確認し、承認または差し戻すことができる。また、送信前にメール本文作成者以外の確認を必要とすることもでき、キーワード監視と合わせて2重チェックを行なうことができる。

 メールでの顧客対応に加え、案件単位での電話対応や訪問対応も記録し、一元管理することができる。また、Windows XP/Vista向けタスク常駐型アプリケーションソフト「GrpMail Checker」により、所属しているグループの未処理件数を一定間隔で通知することができる。担当者が割り当てられた際にも通知されるため、未ログインによる対応の見逃しも防止することができる。

 従来のタグクラウド方式を廃止し、複数のタグからの検索を可能とすることで、目的のメールへの絞り込みを迅速化した。更に、各タグに案件を関連付けることでメールと案件の紐づけも可能で、案件に関連するメール/電話/訪問対応を1つの画面で時系列で閲覧することができる。また、「GrpMail」で送受信したメールは、ユーザが削除したメールを含むすべてをメールDBに保存し、閲覧することができ、内部統制/情報漏洩対策を支援することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サービスデスク」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サービスデスク」関連情報をランダムに表示しています。

「サービスデスク」関連の製品

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 【クレオネットワークス】 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 【クレオネットワークス】 Senju Service Manager 【野村総合研究所】 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド 【クレオネットワークス】 ITIL準拠のITサービス管理基盤「SmartStageサービスデスク」 【クレオネットワークス】
サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク サービスデスク
“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。 イオングループ、西武グループに学ぶITサービス管理のトレンド 過去、ITIL準拠のワークフロー導入に多くの人が失敗した原因は? 「ITILは自社の業務プロセスとマッチしていなかった」ということなら、今こそ再検討のタイミング!

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022229


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ