dit、SSHプロトコルを使用した新製品と従来製品の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、SSHプロトコルを使用した新製品と従来製品の新版を発売


掲載日:2008/05/15


News

 株式会社ディアイティは、SSH(Secure SHell)プロトコルを使用したフィンランドのSSHコミュニケーションズ・セキュリティ社の製品「SSH Tectia」シリーズで、新製品「SSH Tectia ConnectSecure」と「SSH Tectia Server for IBM z/OS」を、6月20日より発売する。従来製品「SSH Tectia Client/Server」/「SSH Tectia Manager」も、「バージョン6.0」にアップグレードされる。

 「SSH Tectia ConnectSecure」は、FTPファイル転送やアプリケーション接続を透過的に暗号化/トンネリングし、セキュリティに優れた通信環境を構築可能とする。既存のアプリケーションやスクリプト、ITインフラへの変更が不要なため、ユーザの操作環境へのストレスを抑えることができる。また、「SSH Tectia Manager」と組み合わせることで、管理者はシステム全体にわたる「SSH Tectia」シリーズを一元管理できるため、セキュリティポリシーの徹底と管理が容易となり、運用コストと負荷を削減することができる。

 「SSH Tectia Server for IBM z/OS」は、IBMのメインフレーム(z/OS)とサーバ、クライアント間で、SSHプロトコルを利用した安全なデータ通信/ファイル転送を可能とする。新バージョンの「6.0」は、Windows/UNIX/Linuxに加えIBM z/OSにも対応し、様々なOSが混在する企業全体に安全なファイル転送/データ通信環境を提供する。


出荷日・発売日 2008年6月20日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022217


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ