アライドテレシス、イスラエルExtricomの無線LAN製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、イスラエルExtricomの無線LAN製品を発売


掲載日:2008/05/14


News

 アライドテレシス株式会社は、イスラエルExtricom製の無線LANスイッチ「EXSW」シリーズと無線LANアクセスポイント「AP EXRP」シリーズを、発売した。

 今回発売された製品は、IEEE802.11a/b/g規格に対応し、すべてのアクセスポイントを同一チャネルで運用する“チャネルブランケット法”を採用している。各“チャネルブランケット”内ではアップリンク(上り方向の回線)でダイバーシティ(複数のアンテナを利用し、電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いる技術)方式を採用することにより、ハンドオフ(基地局切り替え)の際の遅延を抑えたシームレスなモビリティを可能とする。

 同一チャネルによる干渉を回避し、有線ネットワークと同様の強固な接続性を提供するため、設計時の帯域サービスレベルを予測可能とする。手間/費用のかかるRFセルプランニングも不要となるため、コストパフォーマンスに優れた無線LANネットワークを構築することができる。更に“TrueReuse技術”により、複数のアクセスポイントを高密度に配置して同一チャネルでのスループットを向上することもできる。

 「EXSW」シリーズは、PoE(Power over Ethernet)機能を搭載し、アクセスポイントの電力を供給できる無線LANスイッチ。WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2、AES(Advanced Encryption Standard)、802.1x認証への対応に加え、不正アクセスポイント検出機能を搭載し、無線LANネットワークの安全性を高めることができる。

 「AP EXRP」シリーズは、ソフトウェアなどの設定が不要で、PoE機能に対応し様々な場所に設置できる無線LANアクセスポイント。IPアドレスが付与されないため、なりすましによる通信傍受も回避することができる。使用端末は、Wi-Fiに準拠した端末や、アライドテレシスの無線LANカード「CentreCOM WR540CB V2」などに加え、株式会社NTTドコモのFOMA「N900iL」に対応しており、安全でシームレスな無線LAN音声通話を含めたネットワーク環境の構築を支援する。


出荷日・発売日 2008年5月12日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022193


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ