マクニカネットワークス、FireEyeのセキュリティ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マクニカネットワークス、FireEyeのセキュリティ製品を出荷


掲載日:2008/05/13


News

 マクニカネットワークス株式会社は、ISPやセキュリティサービス事業者、産学官の研究機関など向けに、悪意のあるプログラム(ボットウイルス)を検知可能な米FireEye,Inc.の“アンチボットネットプロテクションシステム”「FireEye BotWall 4100/4200/4700」を、5月下旬より出荷する。価格は、「4100」が441万円から(税込)となっている。

 “アンチボットネットプロテクションシステム”は、仮想化技術を用いて“加害”マシンと“被害”マシンを専用アプライアンス内に生成し、市販のウイルス対策ソフトでは検知困難なボットウイルスを検出/解析するシステム。今回出荷される「FireEye BotWall」は、仮想マシン内で再現されたOS/アプリケーションの挙動を監視/解析することで、標的型攻撃やゼロデイ攻撃、未知のマルウェアといったボットウイルスを検知することができる。また、収集したボットネットの情報をトレース/分析し、世界的規模でシェアすることを可能とする。


出荷日・発売日 2008年5月下旬 出荷
価格 「FireEye BotWall 4100」:441万円〜(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022189


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ