提携:サムライズ、マルチベンダDB対応のBIソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:サムライズ、マルチベンダDB対応のBIソリューションを発売


掲載日:2008/05/13


News

 株式会社サムライズは、DBの専門知識を持たないユーザでも、DBからデータを検索し、検索結果を帳票/グラフ/表計算ソフトに転送できるカナダOpen Text CorporationのBIソリューション「BI Query」(正式名「Livelink ECM-Business Intelligence」)を、発売した。

 「BI Query」は、自身が持っているデータモデルを使用することで、DBに対し検索/分析/可視化を可能とするBIソリューション。レポート機能により、チャート/テーブル/クロスタブもコストを抑えて容易に作成でき、ビジネス上の問い合わせ/照会などへのスムーズな対応を可能とする。また、様々な大手ベンダのDBをサポートし、環境を選ばず利用することができる。

 シンプルなインターフェースにより、ユーザのノウハウ習得期間を短縮することができる。またDBとのインターフェースとなるデータモデルにより、システム管理者がエンドユーザの操作権限を細かく設定でき、DBのセキュリティを確保することができる。なお基準価格は、「アドミニストレータ」が29万9000円、「クライアント」が11万円となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】 ExcelベースのオープンソースBI 「Jedox」 【KSKアナリティクス】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは? 【Tableau Japan】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】
BI BI BI BI BI
ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 予算・実績管理に特化したExcelベースのBI。Excelライクな操作性で使いやすく、スモールスタートが可能。 日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 ビジネスの決断をするために必要なデータ分析結果の伝え方とは? BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022178


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ