採用:リモートKVM「NetEnrich VPM Gateway」を文部科学省が採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:リモートKVM「NetEnrich VPM Gateway」を文部科学省が採用


掲載日:2008/05/09


News

 マクニカネットワークス株式会社は、米ネットエンリッチ製アプライアンス型リモートKVM(Keyboard/Video/Mouse)製品「NetEnrich VPM Gateway」を、文部科学省へ提供したと、発表した。

 文部科学省は2008年1月、超高層ビル“中央合同庁舎第7号館”へ移転した。旧庁舎ではネットワーク機器の操作を各階で確認していたが、新庁舎は2つのビルにまたがった総階数25の大規模ネットワークとなり、煩雑化したネットワーク管理/運用の問題に直面していた。また、各階に点在する200台以上のネットワーク機器は、サーバ機器などに比べ操作上のセキュリティで劣るため、セキュリティレベルの向上も課題となっていた。

 「NetEnrich VPM Gateway」は、サーバやネットワーク機器などのオペレーションを録画できるリモートKVMアプライアンス。GUI上のマウスの軌跡まで記録でき、SSLによる暗号化やロール(役割)ベースでのアクセス制御などのセキュリティ機能も備えている。サーバやネットワーク機器にソフトウェアやモジュールをダウンロードすることは不要で、容易に導入/設置することができる。文部科学省では、既に構築が進んでいた他のネットワーク構成を大きく変えずに導入可能なことなどから、採用を決定した。

 導入後は、各階に点在するネットワーク機器をネットワーク管理専用室からリモート操作可能となり、作業工数が短縮された。また、機器を操作する際に必ず同製品を通すことで、ネットワーク機器へのアクセスが一元化され、そこでユーザごとのアクセス制御が可能となった。更に、ネットワーク機器の操作内容をビデオ録画としてすべて記録することで、誰が、いつ、どの機器にアクセスし、どのような操作をしたかといった操作履歴の一元管理も可能とし、システム監査の支援も可能となった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

統合ネットワーク管理ツール SolarWinds 【ソーラーウインズ・ジャパン】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 ネットワークトラフィック監視・分析・振る舞い検知 Flowmon 【オリゾンシステムズ】 NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
ネットワーク全体のパフォーマンスを可視化、トラブルの予兆を察知する機器など、ネットワークを監視・管理できるネットワーク パフォーマンス管理ソリューション。 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 ユーザ及びアプリケーション単位でのトラフィック監視・分析、ユーザの通信ログ保持、振る舞い検知など、フローベース分析を低コストですぐに実現できる。 中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022150


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ