提携:OBC、アシストの内部統制整備/運用評価支援製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:OBC、アシストの内部統制整備/運用評価支援製品を発売


掲載日:2008/05/02


News

 株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、内部統制を支援する製品群「奉行内部統制ソリューションフレームワーク」に、株式会社アシストの内部統制整備/運用評価支援パッケージ「Tosei Vision for 奉行」を追加し、発売した。

 「Tosei Vision」は、韓国UNITECH INFOCOMと大手監査法人が韓国版SOX法向けに共同開発し、アシストが日本語化したパッケージ。内部統制に係る評価/承認プロセスの可視化から、内部統制報告書作成までの一連の流れを管理することができる。今回発売された「Tosei Vision for 奉行」は、ライセンスを1法人に限定し、「奉行内部統制ソリューションフレームワーク」のドキュメント作成ツール「奉行DOCUMENT Pack」からの文書取り込み機能を搭載している。複数法人を管理する場合は、ライセンス追加が可能な「Tosei Vision」へアップグレードすることもできる。

 様々な文書化ファイルに対応した柔軟なインポート機能を備え、評価に必要な文書類を評価計画に結び付けて集中管理でき、全社的な内部統制と業務プロセスに係わる内部統制に対応することができる。また、ワークフロー機能を備え、内部統制管理者や内部監査人、テスト担当者、業務担当者、承認者、財務報告の責任者、代表取締役など、様々な役割の連携を支援することができる。役割ごとに必要な情報のみを表示する“MY PAGE”や、評価プロセスの進捗管理と開始/終了案内、督促を行なう機能も備えている。

 評価結果の管理/分析では、統制状況のモニタリング機能に加え、評価結果をプロセス別/勘定科目別/組織別に分析でき、経営者確認書や内部宣誓書を自動生成することもできる。なお価格は、1法人の基本ライセンスが399万円(DB料金別)、保守料金が79万8000円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2008年5月1日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】 クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」 【BearTail】 iPad用POSレジアプリ 「Ubiregi(ユビレジ)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 ProPlus for C-x 【プロシップ】 楽楽精算 【ラクス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。 領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。 iPad発売後すぐにサービス提供を開始。全世界2万店舗以上で利用されているiPad用POSレジアプリ。簡単で使いやすく「何が」「いつ」「誰に」売れたのかを自動で記録できる。 事例:管理の方法もルールもバラバラ……固定資産管理、統合の舞台裏に迫る 交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022116


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ