イメーション、熱処理でデータを消去できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イメーション、熱処理でデータを消去できるサービスを提供


掲載日:2008/05/02


News

 イメーション株式会社は、データ消去/廃棄を考えるユーザ向けに、様々な記録媒体に対応可能な熱処理による“データ消去安心サービス”を、5月7日より提供する。

 今回提供されるサービスでは、データ消去対象物を窒素ガス下で加熱分解させる。酸素を使用せずプラスチック材料も炭化できるため、ダイオキシンは発生せず、二酸化炭素の発生を抑制でき地球温暖化防止も支援することができる。従来の磁気イレーサーによるデータ消去後に廃棄物として焼却処分される場合に比べ、二酸化炭素の排出量を2分の1以下に抑えることができる。加熱から冷却までのサイクルは4〜5時間で、移動式熱処理装置を車積載することにより、ユーザの指定場所でのデータ消去処理が可能となる。処理後の状況も目視で直接確認することができる。

 HDDは磁性体を剥離し、磁気テープなどは炭化することにより、データの完全消去を行なう。生成物は、炭素や金属などリサイクル可能な有価物となるため、産廃処理やマニフェスト(産業廃棄物管理票)の発行が不要となる。同サービスにはカーボンオフセット(ある行動とは別の活動により、その行動の排出量と同量の二酸化炭素発生量を減らすこと)が組み込まれ、サービス実施過程で排出される二酸化炭素をオフセット(相殺)することができる。

 なお対象製品は、HDD/各種磁気テープ/フロッピーディスク/MO/CD/DVD/マイクロフイルム/マイクロフィッシュ(マイクロフィルムを何コマも収めた整理用シート)/アパーチュアカード(ロールフィルムを1コマ〜数コマに切断しカードに貼り付けたもの)/レントゲンフイルムなどで、サービス対象エリアは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/茨城県(一部地域を除く)、基本料金は26万8000円で、これ以外のエリアに関しては料金も含め個別相談となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 基本料金:26万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 【ハンモック】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理 導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022112


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ