ディノ、シングルサインオン“OpenID”対応プラグインを無償公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディノ、シングルサインオン“OpenID”対応プラグインを無償公開


掲載日:2008/05/01


News

 株式会社ディノは、1つのIDで様々なWebサイトの認証を可能とするシングルサインオンの世界規格“OpenID”対応のプラグイン「OpenID Engine」のβ版を、4月30日より順次Web上で無償公開する。

 「OpenID Engine」は、“OpenID 2.0”と、Webアプリケーション開発のためのフレームワーク“Rails 2.0”で開発されたプラグイン。“OpenID”対応サービスのためのプラグインが4月30日より、認証サーバ向けのプラグインが5月中旬よりそれぞれβ版として無償公開され、シングルサインオンサービスの即時開始を可能とする。なお安定版は、“対応サービス”プラグインが6月上旬より、“認証サーバ”プラグインが6月中旬より公開される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは? 【ニッセイ情報テクノロジー】
認証 認証 認証 認証 認証
クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 クラウド利用やリモートワークで高まる内部不正リスク、取るべき対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022099


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ