ディノ、シングルサインオン“OpenID”対応プラグインを無償公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディノ、シングルサインオン“OpenID”対応プラグインを無償公開


掲載日:2008/05/01


News

 株式会社ディノは、1つのIDで様々なWebサイトの認証を可能とするシングルサインオンの世界規格“OpenID”対応のプラグイン「OpenID Engine」のβ版を、4月30日より順次Web上で無償公開する。

 「OpenID Engine」は、“OpenID 2.0”と、Webアプリケーション開発のためのフレームワーク“Rails 2.0”で開発されたプラグイン。“OpenID”対応サービスのためのプラグインが4月30日より、認証サーバ向けのプラグインが5月中旬よりそれぞれβ版として無償公開され、シングルサインオンサービスの即時開始を可能とする。なお安定版は、“対応サービス”プラグインが6月上旬より、“認証サーバ”プラグインが6月中旬より公開される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 新感覚2要素認証 Mamoru 【ISAO】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? ユーザーに負担をかけずにセキュリティ強化――認証システムの「次世代型」とは 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022099


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ