日本F-Secure、Windows Server 2008対応セキュリティ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本F-Secure、Windows Server 2008対応セキュリティ製品を出荷


掲載日:2008/04/28


News

 日本エフ・セキュア株式会社は、Windowsサーバのウイルス対策/スパイウェア対策/ルートキット対策とその集中管理を提供するセキュリティ製品「F-Secureアンチウィルス Windowsサーバ版」の「Ver8.00」を、出荷した。

 今回のバージョンでは、対応OSにWindows Server 2008(32/64ビット)が加えられ、スキャンエンジン“FS-engine”が搭載されている。リムーバブルデバイスのスキャン速度が向上し、メモリ使用量が削減されたほか、スパイウェア削除が高速化され、スキャンレポートも強化されている。なお初年度のライセンス価格は、1サーバで5万円、10サーバで35万円、50サーバで112万5000円などとなっている。


出荷日・発売日 2008年4月28日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 膨大なセキュリティ製品の運用管理はもう限界、高度な対策を手短に実現するには 【シスコシステムズ+他】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか セキュリティ対策に取り組む企業のIT担当者は「運用の複雑化」という課題に直面している。「エンドポイントセキュリティの対策」で負担を軽減する良い手はないだろうか。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022083


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ