日本HP、ブレード型サーバのエントリー機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ブレード型サーバのエントリー機種を発売


掲載日:2008/04/25


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、同社の第3世代ブレード「HP BladeSystem c-Class」に対応したブレード型サーバのエントリー機種「HP ProLiant BL260c Generation 5」を、5月中旬より出荷する。価格は、8万5000円からとなっている。

 「HP ProLiant BL260c G5」は、Celeron 445プロセッサ/Core 2 Duo E6405のいずれかを1基、またはクアッドコアXeonプロセッサ5400番台最大2基を搭載可能なブレード型サーバ。メモリはPC2-5300 REG ECC DDR2 SDRAMを最大24GB、HDDは2.5インチSATA(シリアルATA)ディスクを最大2基搭載することができる。また、インテル5100チップセットの採用により、低消費電力なメモリを利用できるため、Celeronプロセッサ使用時には1台あたりの待機電力を76.5Wまで抑えることができる。

 エンクロージャ(筐体)前面の液晶ディスプレイによる細やかな障害対応指示や、内蔵された管理モジュールによる多機能なWeb管理画面など、「HP BladeSystem c-Class」のエンクロージャに由来する管理機能をすべて利用することができる。電源や冷却ファンは冗長化されており、グラフィカルな遠隔管理機能“Integrated Lights-Out 2(iLO 2) Standard Blade Edition”も標準搭載している。


出荷日・発売日 2008年5月中旬 出荷
価格 8万5000円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022074


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ