富士通、本体容積9.9リットルのPCワークステーションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、本体容積9.9リットルのPCワークステーションを出荷


掲載日:2008/04/25


News

 富士通株式会社は、PCワークステーション「CELSIUS」で、容積9.9リットルの本体を採用したコンパクトモデル「CELSIUS J360」を、5月下旬より出荷する。

 「CELSIUS」は、2次元/3次元CADやデータ解析シミュレーション、デジタルコンテンツ作成、電子カルテシステム、地図情報処理のほか、金融分野の為替取引の業務など優れた性能や信頼性が求められる業務に適したPCワークステーション。今回出荷される「J360」は、X38 Expressチップセットを採用し、Core2 DuoプロセッサE8500を搭載した場合、E6600搭載の従来モデルに比べ最大約1.4倍の高速化が可能となる。

 “OpenGL”に対応した3次元グラフィックスカード「NVIDIA Quadro FX 570」を搭載可能としたことで、「FX 550」搭載の従来モデルに比べ最大約2倍の高速化を達成している。また、「NVIDIA Quadro FX 1700」をカスタムメイドで選択でき、グラフィックス処理を強化することができる。これらにより、ソフトウェア開発やデジタルコンテンツ作成など優れた処理能力を求められるコンピューティング環境を構築可能としている。

 本体の電源をオンにするとディスプレイの電源もオンになる“電源連動式サービスコンセント”を採用し、本体電源オフ時/スタンバイ時にはディスプレイへの電源供給を停止しディスプレイの消費電力をオフにすることができる。帰社時/出張時などの非使用時は、メインスイッチをオフにすることで待機電力をゼロにでき、容易に節電することができる。

 セキュリティ仕様策定団体“TCG”の仕様に準拠した“セキュリティチップ”を標準搭載し、暗号化や証明書で使用される鍵情報を管理することができる。暗号化されたデータの復元には暗号鍵が求められるため、HDDの盗難時にもデータの流出を防ぐことができる。また、標準添付の情報漏洩対策ソフト「Portshutter」を使用することでUSB/記録型光学ドライブなどの接続を無効とし、データの不正な持ち出しを制限することができる。更に、今回のモデルより、CD/DVDへの書き込みを禁止し読み取りのみを許可する設定も可能となっている。カスタムメイドで複数のID/パスワードを格納可能なICチップを内蔵した“スマートカード”を選択でき、重要なセキュリティ情報を同カード内に格納することで安全に管理することができる。


出荷日・発売日 2008年5月下旬 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022073


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ