ウォッチガード、UTMアプライアンスに日本語版GUIを実装

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォッチガード、UTMアプライアンスに日本語版GUIを実装


掲載日:2008/04/24


News

 ウォッチガード・テクノロジージャパン株式会社は、UTM(統合脅威管理)アプライアンス「Firebox X Peak/Core/Edge」に日本語版GUIを実装し、発売した。

 今回日本語版GUIが実装されたのは、「Firebox X Peak/Core/Edge」に搭載されたセキュリティソフトウェア「Fireware 10」/「Edge10」。既存ユーザは、標準サポートパッケージ「Live Security」が有効期間内であれば無償で同社Webサイトよりダウンロードすることができる。アプライアンス新規購入の価格は、500クライアント以上のユーザ向けの「Firebox X Peak」が190万円から、500クライアント以下向けの「Firebox Core」が56万円から、50クライアント以下向けの「Firebox Edge」が25万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年4月23日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? 【シマンテック】 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス 【ソフトバンク コマース&サービス】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? 1988年から30年近くITセキュリティソリューションを世界中に提供しているエフセキュアのモバイルセキュリティ。既に10年以上の実績を持つパイオニア的存在。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022053


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ