NTTデータ、ネットバンキングサービスのフィッシング対策を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、ネットバンキングサービスのフィッシング対策を強化


掲載日:2008/04/24


News

 株式会社NTTデータは、インターネットバンキングサービスを利用する金融機関向けのフィッシング対策を強化し、日本ベリサイン株式会社のEV SSL(強化認証SSL)証明書「ベリサイン グローバル・サーバID EV」と、RSAセキュリティ株式会社のフィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」を、4月より順次導入する。

 今回強化されるのは、個人向けインターネットバンキングサービス「ANSER-WEB(アカウントアクセス)」と法人向けの「ANSER-WEB(アカウントアクセス)コーポレートエディション」。「ベリサイン グローバル・サーバID EV」では、従来に比べ厳格な全世界標準の認証ガイドラインに基づいてサイト運営者の実在性を認証し、アクセスしたサイトの正当性を確認することができる。また、IE 7ではEV SSL証明書を利用しているサイトの場合にアドレスバーが緑色に表示されるため、容易に利用者が正当なサイトであることを識別することができる。

 「RSA FraudAction」では、金融機関からフィッシングサイトの閉鎖連絡を受けることで迅速にフィッシングサイトを閉鎖することができる。海外で構築されうるフィッシングサイトも対象とし、24時間/365日閉鎖することができる。既に詐取された個人情報なども入手できる場合には、それらの情報を抽出/還元するサービスも行なう。これらにより、サイトの実在性/正当性を厳格に確認でき、フィッシングサイトが出現した場合には迅速に閉鎖させることが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 AXIOLE 【ネットスプリング】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022042


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ