IBCS、情報の可視化で連結経営を強化するコンサルティングを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IBCS、情報の可視化で連結経営を強化するコンサルティングを発表


掲載日:2008/04/23


News

 アイ・ビー・エムビジネスコンサルティングサービス株式会社(IBCS)は、情報の可視化により連結経営を強化するコンサルティングサービスを、発表した。

 今回発表されたサービスは、BI(ビジネスインテリジェンス)による情報の適切な収集/管理と経営/経理財務面での戦略的活用を支援するコンサルティングサービス。IBCSとIBMの事例から汎用化した、連結経営を行なう上での基本設計と処理を行うプログラムコード/設計アセットをパッケージ化したソリューションにより、約6ヵ月間で経営情報システムの導入を可能とする。同システムでは、事業部管理レベルの詳細なセグメント単位での連結データと本社レベルでの制度連結、管理連結を同一システム上で行なうことができる。

 経営情報の標準化として、“IBM Global Master管理モデル”を適用し、システムに蓄積されたデータの標準化を実施する。また、経営管理情報の活用の定着化/変革を、コンサルティング事例とIBMの経営管理プロセスをモデルとして実施する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】
BI BI BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022035


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ