NECなど、操作性を向上した議事録作成支援ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、操作性を向上した議事録作成支援ソフトの新版を出荷


掲載日:2008/04/23


News

 日本電気株式会社と北海道日本電気ソフトウェア株式会社は、音声認識技術を利用した議事録作成支援ソフト「VoiceGraphy」で、注釈機能や議事録スタイルの設定機能などを追加した新バージョン「VoiceGraphy1.2」を、5月9日より出荷する。

 今回の新バージョンでは、混同しやすい音の差異に着目して認識誤りを低減する学習技術を音声認識エンジンに採用した。発言者それぞれの音声の特徴をリアルタイムで学習する現行バージョンの“自動学習機能”とあわせ、認識の精度を向上させている。また、編集結果や用語/漢字表記の確認など、注釈を議事録の文章に記述できるほか、議事録のスタイルを任意にカスタマイズでき、議事録としての書式に柔軟に対応することができる。会議出席者をあらかじめ登録する機能も追加され、議事録作成時の発言者入力を登録者リストからプルダウンメニューで選択することができる。現行バージョンの“発言者推定、自動入力機能”との組み合わせで、入力作業を効率化することができる。

 ラインアップと価格は、音声を認識し文字化する「VoiceGraphy1.2 音声認識サーバ」が180万円、複数の音声認識サーバを管理する「VoiceGraphy1.2 データ管理サーバ」が60万円、音声を再生しながら音声認識サーバの文字化したテキストを効率的に編集する「VoiceGraphy1.2 編集ツール」が60万円、ユーザ用辞書(言語モデル)を作成する「VoiceGraphy1.2 言語モデル」が300万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年5月9日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022025


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ