日立、仮想化ソフトウェアを標準搭載したサーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、仮想化ソフトウェアを標準搭載したサーバを出荷


掲載日:2008/04/21


News

 株式会社日立製作所は、アドバンストサーバ「HA8000」シリーズに仮想化ソフトウェア「VMwareESX Server 3i」を標準搭載したモデルを追加し、第1弾として2プロセッサモデル「HA80000-es/RS210」/「HA80000-es/RS220」の「VMwareESX Server 3i」モデルを、5月30日より出荷する。

 今回出荷される「VMwareESX Server 3i」モデルは、専用の不揮発性メモリに「VMwareESX Server 3i」を組み込んだモデル。HDDへのインストール作業が不要で仮想化環境を容易に導入でき、サーバを起動後直ちに仮想化環境を使用可能なため、ユーザの運用面の負荷を軽減することができる。また、仮想化環境を初めて導入するユーザなどに向けて、「VMwareESX Server 3i」に対応したサポートサービスも用意される。更に、アップグレードライセンスを購入することで、同モデルに組み込まれている「VMwareESX Server 3i」を「VMware Infrastructure 3」へアップグレードでき、仮想マシンが電源オンの状態でゲストOSを動作させたまま異なる物理サーバに移動することができる“VMotion機能”や負荷分散機能などが利用可能となるため、運用の高度化を支援することができる。

 また同社は、「RS210」/「RS220」すべてのモデルで、低消費電力のクアッドコアXeonプロセッサ L5410(2.33GHz)を採用し、5月30日より出荷する。更に、デュアルコアXeonプロセッサ E3110(3GHz)と1TBのSATA II(Serial ATA II)HDDを採用した1プロセッサモデル「HA8000-es/RS110」も、6月30日より出荷する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】 物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。 抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021998


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ