オレンジソフト、添付ファイル自動暗号化機器の上位モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オレンジソフト、添付ファイル自動暗号化機器の上位モデルを発売


掲載日:2008/04/18


News

 株式会社オレンジソフトは、メール誤送信防止ソリューションの上位モデル「BRODIAEA safeAttach Enterprise(BRSA-03EN)」を、7月より発売する。価格は、500ユーザで220万円からとなっている。

 「BRODIAEA safeAttach」は、添付ファイルを自動的に暗号化するアプライアンスサーバ。今回発売される上位モデルでは、送信メールの添付ファイルを分離して、メール本文はそのまま配送し、分離した添付ファイルはWebサーバからダウンロードする機能が搭載された。ファイルサイズが大きくて送受信できなかった環境でも、メールの送信操作で添付ファイルのやりとりが可能となる。なお、送信したメールを5分/10分など一定期間、配信を保留し、保留中のメールの配信をキャンセルできる機能を搭載した「V2.0」が2008年後半に発売される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 500ユーザ:220万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 暗号化/マルウェア対策 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021978


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ