ウィルコム、Windows Vista/Centrino Atom搭載の通信端末を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウィルコム、Windows Vista/Centrino Atom搭載の通信端末を発売


掲載日:2008/04/16


News

 株式会社ウィルコムは、マイクロソフト株式会社/インテル株式会社の支援により、Windows Vistaとインテルの“Centrino Atomプロセッサー・テクノロジー”を搭載した通信端末“モバイルコミュニケーションマシン”「WILLCOM D4」をシャープ株式会社と開発し、6月中旬より発売する。

 「WILLCOM D4」は、Windows Vistaを採用したことで様々なアプリケーションソフトやインターネットサービスへの対応を可能とし、“Centrino Atomプロセッサー・テクノロジー”を搭載したことで優れたモバイル性能と低消費電力を可能とする通信端末。表示部にはWSVGA(1024×600ドット)対応のシャープ製5インチワイドTFT液晶を搭載し、横スクロールせずにWebページを表示でき、メール着信などを知らせる“サイドバーガジェット”の同時表示にも対応する。表示部背面に有効画素数198万画素のCMOS(相補性金属酸化膜半導体)カメラを内蔵しているほか、約40GBのHDDや、様々なPC用周辺機器を接続できるUSB端子なども装備している。

 “3Wayスタイル”を採用し、キーボードを閉じた“Viewスタイル”と、キーボードをスライドさせた“Inputスタイル”、画面をチルトしてノートPCのように操作する“Deskスタイル”を用途に応じて使い分けることができる。また、2007 Office systemのフル機能を搭載したことで、文書作成に加えプレゼンテーションなどにも利用でき、仕事の生産性向上を図ることができる。情報配信ツールとしてRSSリーダ機能やVideo Pod Cast機能も備えている。

 ウィルコムのエリアでPHSデータ通信を使用できるほか、内蔵の無線LAN(IEEE802.11b/g準拠)や、別売の専用クレードルに搭載のLAN端子を使用した固定回線も利用でき、使用場所に応じたシームレスなデータ通信が利用可能となる。付属のヘッドセットや別売のBluetoothハンドセットを使用することで、メールなど画面を見ながら音声通話を行なうこともできる。移動体通信と有線通信を融合したFMC(Fixed Mobile Convergence)サービスとの親和性にも優れている。ウィルコムのネットワークサービスにも対応しており、Windowsが休止/スリープ状態でも自動的にメール着信する“Eメール自動受信”や、遠隔からのリモートロックサービスにも対応しているため、不正使用やデータの流出を防ぐこともできる。


出荷日・発売日 2008年6月中旬 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

EMMプラットフォーム AirWatch 【データコントロール】 業務用アプリ開発 【フェンリル】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
OS、Android、Windows 10など多様なモバイルデバイスを安心して運用できる統合管理ソリューション。グローバル対応、外部システムとの柔軟な連携など多機能。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20021922


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ